Just Add Salt,

to make your life simple,

アムステルダムConcert Gebouw(コンセルトヘボウ)のチケット購入方法と音楽鑑賞してきたのでまとめてみた。

2016年の春に妻とアムステルダムのコンサートホール、Concert Gebouw(コンセルトヘボウ)に行ってきた。

f:id:sio-chan:20171001190317j:plain

コンセルトヘボウとは?

コンセルトヘボウConcertgebouw)は、オランダアムステルダムにあるコンサートホール。ボストンのシンフォニーホール、ウィーンのウィーン楽友協会と同様に、戦前からの姿をそのままに伝える音響の優れたコンサートホールとして広く知られる。

コンセルトヘボウ - Wikipedia

戦前から残っているコンサートホールが3つしかないということも驚きですが、オランダにそのひとつがあるというのも驚きです。つまり歴史の長いコンサートホールであるということですね。

私が初めてコンセルトヘボウを見た時は美術館か何かだと思っていた(何故ならコンセルトヘボウの目の前のトラムの駅が”Museumplein”という名前だから)。

とりあえず行ってみたくて情報収集することに

先日髪を切ってもらった美容師さん曰く「ドレスコードはあるようで無い」、「オンラインで簡単に予約ができる」という事を聞いたので早速ウェブサイトを見てみることにした。

ウェブサイトでの予約方法

まずは何を見たいか検索しよう。

f:id:sio-chan:20171001193413j:plain

引用元https://www.concertgebouw.nl/en/

 ウェブサイトに行くとコンサートのスケジュール、もしくは特定の作曲家の曲を聴きたいか、どの楽器での演奏を聴きたいか(ピアノとかヴァイオリンとか)好みがあればこの矢印の[FIND A CONCERT]の部分に文字を打てば検索できる。

 試しにショパン(Chopin)と打ってみると、

f:id:sio-chan:20171001193804j:plain

引用元https://www.concertgebouw.nl/en/

こんな感じで作曲家、その下に具体的なコンサートの名前が出て来る。

作曲家だけでなくて楽器の種類、ジャンル(オーケストラ、ファミリーコンサート等)でも検索できる。

 

ショパンの検索結果が14件。

いずれもショパンだけじゃなくて他の作曲家の曲と組み合わせてプログラムを組んでいる。

f:id:sio-chan:20171001194209p:plain

引用元https://www.concertgebouw.nl/en/

コンセルトヘボウのホールは2種類ある。 

コンセルトヘボウは[MAIN HALL]と[RECITAL HALL]の2種類がある。当たり前だが広さが全然違う。

f:id:sio-chan:20171001194219j:plain

引用元https://www.concertgebouw.nl/en/

この女性はリサイタルホールでやるようです。

下のお兄さんはメインホール。

f:id:sio-chan:20171001194223j:plain

引用元https://www.concertgebouw.nl/en/

この写真のちょうど右下くらいにORDER TICKETと書かれたアイコンがあるのでそこをクリックすると購入画面に飛ぶことができる。

f:id:sio-chan:20171002001055p:plain

引用元https://www.concertgebouw.nl/en/

座席の選択

座席選択画面。非常に細かい。

水色と青色でカテゴライズされておりカテゴリ1(青)の席のほうがカテゴリ2(水色)よりも高額となっている。高額と言えどもちろん人気の演奏者だと直ぐに中央付近の席がガラっとなくなる。 

f:id:sio-chan:20171002000948j:plain

引用元https://www.concertgebouw.nl/en/

こんな感じで拡大して選択できる。

確定の前にもう1ステップ。座席価格は①スタンダード②65歳以上割引③若年者(30歳未満)割引の3種類ある。

そしてオプションはインターバルでの軽食やらコーヒーをオーダーしておくことが出来るようだ。私たちは利用していない。

f:id:sio-chan:20171002001559p:plain

引用元https://www.concertgebouw.nl/en/ 

CHECKOUTして無事予約が完了。

さて本番。

入口は正面左側のカフェ側にある。念のため私はスーツにネクタイ、妻は紺色のワンピースで行ったが半袖シャツの人もいればジーンズの人もいたのでドレスコードは厳しくは決まっていないようです。私たちは気合が入りすぎていて開演45分前には着いていましたが、意外と待っている人が居て座れませんでした。

f:id:sio-chan:20171002002808j:plain

 今回海外のコンサートホールに行ったのが初めてだったのでこれが普通なのかどうなのかわかりませんが、開演時間前に会場入りすることができ、中のカフェでソフトドリンクを飲んでゆっくりする事が出来ます。しかも無料(これ重要)。

 そして想定していなかったのですが、この日実際に演奏するコンセルトヘボウ管弦楽団の方達がそのカフェに来て直接会話することができました。

妻は学生時代に吹奏楽部でオーボエをやっていたので、オーボエ担当の方と記念撮影。オーケストラのオーボエは始めの音合わせをする人らしく重要な楽器らしい。

f:id:sio-chan:20171002003526j:plain 

メインホールはこんな感じ

f:id:sio-chan:20171002003802j:plain

f:id:sio-chan:20171002004158j:plain

f:id:sio-chan:20171002004159j:plain

 見にくいが2階席もある。

f:id:sio-chan:20171002003807j:plain

f:id:sio-chan:20171002003814j:plain

作曲家の名前がずらりと並ぶ。

f:id:sio-chan:20171002003812j:plain

あまり皆様は私たちが誰の何を聴いたのか特に興味がないと思うのであえて記載はしませんが、結果として行った甲斐が大いにあったコンサートでした。平凡な感想ではありますが、オーケストラはやっぱり迫力がありました。2時間近いプログラムでしたが、ずっと背筋を伸ばして演奏を聴くことができました。この時息子がお腹の中にいたので家族3人での初コンサートとなりました。子供が産まれて少し大きくなったらファミリーコンサートにも来てみたいと思います。

参考になれば幸いです。