Just Add Salt,

to make your life simple,

子連れ(1歳半)でパルテノン神殿まで登れるか試してみた

サントリーニ島→アテネのギリシャ家族旅行のお話も最後となりました。

アムスに帰る日、フライトは夕方だったので午前中を使いパルテノン神殿へ。

夫と私は一度訪れた場所ではありましたが、息子を連れて行ってあげたくて。

再度登ることを決意しました!

夏の時期のパルテノン神殿は観光客がたくさん!!!冬に来た時とは大違いです。

事前に早い時間帯の方がチケット売り場で並ばずに済むとの情報を得ていたので早めにホテルを出発!

宿泊していたモナスティラキ駅周辺から歩きましたが、徒歩15分程でした。

チケット売り場に到着したのが9時過ぎ、既にチケット売り場には人がちらほら並んでいましたが7分並ぶくらいで買うことが出来ました。

1人€20。以前よりも値上げしていました。

さぁ、登りますよー!

子連れで登る為のポイント①西側のエントランスから入る。

私は7-8kgの息子を抱っこ紐で抱っこして登ったのでおそらく最短ルート(西側メインエントランス。3年前は東側から登りました)と思われる道を行きました。

東側エントランスとはアクロポリス駅側から行くルートです。前回は新アクロポリス美術館に行った後にパルテノン神殿に登ったのでそちらから行きましたが頂上まではゆっくり歩いて30分ほどかかりました。

しかしながら西側エントランス(以下が目印の売店です)から登れば急な階段部分は多少ありますが10分程度で頂上まで登ることができます。

f:id:sio-chan:20170923200717j:plain

f:id:sio-chan:20170923200516j:plain
息子よ、きっと覚えていないだろうけど君も登ったんだよ!パルテノン神殿!

暑さと陽射しで倒れる前に家族で写真を撮り、そそくさと麓まで戻る。

滞在時間は凄く短かったけど、息子をパルテノン神殿に連れてくるという目的を達成出来たので問題無しです。

*ちなみに西側入口からパルテノン神殿は麓からかなり近く5−10分程度で到着できます。東側は20−30分かかりますが途中にある遺跡(コンサートホール等)も見られるのでもし時間と体力のある方は東側から登ることをオススメします(新アクロポリス博物館に行ってからパルテノン神殿というプランであれば必然的に東ルートとなります)。

子連れで登る為のポイント②途中までベビーカーで行く、ということはできない。

もちろんですが多数の階段があるためベビーカーでの登頂は不可です。そしてエントランスにベビーカーを預けるロッカーもありませんので登っている間ベビーカーを保管する場所がありません。つまりホテルから抱っこ紐で子供を連れてくる必要があります。(私たちが行ったのは2017年夏時点なので現在はどうなっているかわかりません。)

 

その後麓で一服。

f:id:sio-chan:20170923200811j:plain

 私はこの旅の間ずっと抱っこ紐だけで過ごしており、どこかに出向く時は常に抱っこだったので、最後にパルテノン神殿の登り下りときたものだから肩と背中がバッキバキでした。

 

ホテルへ帰る途中、町のパン屋さんやドーナツ屋さん(LUKUMADESというお店)に寄り朝ごはんを買い、ホテルにて食べました。

f:id:sio-chan:20170923200857j:plain

f:id:sio-chan:20170923200904j:plain

普通の丸いドーナツに何かをかけるか、ドーナツの中に何かが詰まったものも2種類があります。

f:id:sio-chan:20170923200906j:plain

店員さんから「本当に熱いから気をつけて」と釘を刺されました。確かに本当に熱かった。少し待ってから食べないとやけどします。

f:id:sio-chan:20170923200911j:plain

 

荷物をまとめて早めに空港へ向かいます。 お土産を見たり、休んだり。

最後に空港のフードコート?のようなところで軽く食事をしましたが、フードコートだけどとても美味しくてびっくりでした!

ギリシャ4泊5日の旅、息子もこれだけの期間家を離れるのは初めてで、アムスとは気候も違うので色々と心配もありましたが、家族みんなで無事にアムスに戻って来れました。

やはり何度行ってもギリシャっていい国です。食べ物が美味しくて、観光して楽しくて、とても素敵な国でした。島もアテネも赤ちゃん連れ、小さなお子さん連れでも観光しやすかったように思いました。またいつの日にか家族で来れたらいいなぁ。

長くなりましたが、読んでくださってありがとうございました。ギリシャに旅行される際に何かの参考になれば幸いです。

 

◇過去の記事

 

第2回ギリシャサントリーニ島・アテネ旅行